29日午後から暴風雪の恐れ 不要不急の外出は控えて

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田地方気象台(資料写真)
秋田地方気象台(資料写真)

 秋田県内は29日午後から30日にかけ、発達する低気圧などの影響で暴風雪や大雪となる見込み。国土交通省東北地方整備局や仙台管区気象台は、猛吹雪で視界が遮られるホワイトアウトや車の立ち往生が発生する可能性があるとし、不要不急の外出を控えるよう呼び掛けている。

 秋田地方気象台によると、低気圧の通過後に強い寒気が入り、冬型の気圧配置が強まる。雪を伴った西寄りの非常に強い風が吹く見込みで、予想される最大瞬間風速は沿岸陸上30メートル、内陸25メートル。暴風雪よる建物被害や雪崩、落雷への警戒が必要としている。

 30日午後6時までに予想される24時間降雪量は多い所で山沿い30~50センチ、平野部20~40センチ。雪雲が予想以上に発達し、同じ場所で降り続いた場合は警報級の大雪となる可能性がある。

 JR秋田支社によると、羽越線の秋田―酒田間と男鹿線は、29日午前9時ごろから30日夕まで運転を見合わせる。五能線の能代―弘前間は29日夕から30日夜まで、花輪線は県内区間で29日午後8時から30日午前9時ごろまで運休する。29日の奥羽線・追分―東能代間は午後9時以降、運休となる。秋田新幹線こまちは通常通り運行する予定。

 航空各社によると、29日は秋田空港発着の日本航空全4便と全日空全6便が欠航する。

 東北電力ネットワークなどは、強風で電線が切れる可能性があるとし、感電を避けるため電線に触らないよう求めている。また、今月上旬の大規模停電で給湯器「エコキュート」の凍結・故障が相次いだことから、メーカーのホームページなどで対策を確認するよう呼び掛けている。

秋田の最新ニュース