秋田大に自殺予防センター設置、21年度 民学官連携さらに強化

会員向け記事
お気に入りに登録

 民学官が連携した自殺予防活動を強化するため、秋田県は2021年度、秋田大が設置する「自殺予防センター(仮称)」に事業費2609万円を助成する。同大医学部付属病院に設置する「がんゲノム診療センター(仮称)」の体制整備費500万円も助成。21年度当初予算案に盛り込んだ。

 県と同大によると、自殺予防センターは21年度に設置予定。医学部をはじめ全学部が協力し、幅広く自殺予防研究に取り組む。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 871 文字 / 残り 678 文字)

秋田の最新ニュース