県、JALとANAから出向受け入れ 観光担当など最大8人

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県は28日、新型コロナウイルスの影響で業績が悪化した日本航空のJALグループや全日本空輸のANAグループから最大で計8人の社員を受け入れることを明らかにした。航空会社で培った知識や経験を施策に生かしてもらうのが狙い。2021年度一般会計当初予算案に事業費6400万円を盛り込んだ。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 584 文字 / 残り 441 文字)

秋田の最新ニュース