【秋田犬新聞】かみつき事故犬、矯正訓練で徐々に落ち着き【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
鈴木さんの声に耳を傾ける秋田犬の大河=20日、ワンニャピアあきた
鈴木さんの声に耳を傾ける秋田犬の大河=20日、ワンニャピアあきた

 今月上旬、人へのかみつき事故を起こした1匹の秋田犬を矯正する訓練が、秋田市雄和椿川にある県動物愛護センター「ワンニャピアあきた」で始まった。秋田犬の殺処分ゼロを目指す同市の一般社団法人「ワンフォーアキタ」のドッグトレーナー鈴木明子さん(59)が通い詰めること3週間。徐々にではあるが、犬に変化が表れてきた。

 「大河、おいで」。20日昼ごろ、ワンニャピアあきたの一室で鈴木さんが呼び掛けると、フェンス越しに雄の秋田犬(3歳)が近寄ってきた。

 「ほら、おやつだよ。座って」。言葉を続けると、尻尾を上げながら、鈴木さんの指からおやつをなめ、食べた。

【秋田犬新聞】記事全文はこちら

秋田の最新ニュース