イザベラ・バードの足跡をたどる:写真グラフ 足元の歴史、思いはせ

有料会員向け記事
お気に入りに登録

湯沢市の院内関所跡で撮影に応じる2人。楽しそうに話す姿からこの旅がスタートした


 人気作家の島田雅彦さん(59)と平野啓一郎さん(45)が昨年10月、来県した。明治初期に日本を訪れた英国人紀行家イザベラ・バードの秋田における足跡をたどりながら、本県の隠れた魅力を発掘するのが目的だった。その様子を紹介する本連載「新あきた紀行」は翌11月にスタート。最終回の今回は、写真で二人の旅を振り返る。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 190 文字 / 残り 35 文字)

同じジャンルのニュース