温泉3施設返還「想定し対応決めず反省」 横手市が検証報告

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
今年4月、横手市に返還される鶴ケ池荘
今年4月、横手市に返還される鶴ケ池荘

 横手市は29日、温泉施設の民間譲渡が不調に陥っていることについて検証結果を報告した。譲渡した3施設が経営不振で返還されることに関し、事前に想定して対応を決めていなかったことなど反省点を示した。これらの施設は今後も譲渡への取り組みを進めるが、最終的に議会などと方向性を協議するとした。同日の市議会全員協議会で示した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 790 文字 / 残り 632 文字)

秋田の最新ニュース