遠い風近い風[小嵐九八郎]コロナ禍の中間の反省

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 新型コロナウイルスへの対応の緊急事態宣言が再び11都府県に出され、かなりの日数が過ぎた。

 世界の人口は、当方の高校時代は30億ばかり、今は78億ぐらいなのか、そのうち1億は、すでに新型コロナに感染していて、俺も逃れ得ない命運と考えている。それでも、罹(かか)ったら、命は何とか助かるように、後遺症があんまりないようにと、スクワットとか腹筋の鍛えとかの運動を40分、散歩60分をやっている。もっとも、晩酌に日本酒一合・赤ワイン半グラス・米焼酎の鳩麦(はとむぎ)茶割の茶碗7杯を飲んでいるし、今や“悪”の根源のスーパースターの煙草(たばこ)を12本吸っているから徒労なのであろうか。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1305 文字 / 残り 1015 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース