コロナ禍を生き抜く:小松木工(横手市) 陰圧室製造・販売 医師側、感染リスク低減

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
陰圧室の内部と小松社長
陰圧室の内部と小松社長

 横手市大雄の小松木工(小松俊晴社長)は、新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、ウイルスや細菌が外部に漏れないよう室内の気圧を下げられる「陰圧室」を製造・販売している。自社で企画、設計し、2月末までに秋田市や男鹿市の3医療機関に納品することが決まっている。今後は事業の柱の一つにしたい考えだ。

 29日には秋田市のささはら内科医院に第1号を納品した。箱形の個室(幅2メートル、奥行き4・3メートル、高さ2・6メートル)で、屋外に設置して使う。天井のファンが回転することで空気を室外に送り出し、室内の空気圧を低下させる。空気が通るフィルターは99・97%の粒子を吸着できるという。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 899 文字 / 残り 611 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース