農村の四季克明に、県立近代美術館で大野源二郎さんの写真展

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田の風景を撮り続けた大仙市の写真家、大野源二郎さん(96)の作品展が横手市の県立近代美術館で開かれている。農村や小規模小学校の風景を収めた約300点を展示している。2月7日まで。

約300点の作品が並ぶ大野さんの写真展


 大野さんは1924年に大仙市中仙地域の造り酒屋に生まれ、幼い頃からカメラに親しんだ。85年まで高校教員を務め、農村や街の風景などさまざまなテーマで撮影を展開。「土恋いのうた」「学び舎」「なつかしの大曲」などの作品集を発表している。

 今回は同館の所蔵作品を展示。農村風景は50~70年に撮影し、県南部を中心に春夏秋冬の風景を切り取った。

 午前9時半~午後5時(最終入館4時半)。一般500円、大学生以下無料。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 637 文字 / 残り 342 文字)

秋田の最新ニュース