「患者との情報交換大切に」 八峰町営診療所の石岡医師に聞く

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
「町民の健康不安を取り除ける場所を目指したい」と語る石岡さん
「町民の健康不安を取り除ける場所を目指したい」と語る石岡さん

 2013年5月から常勤医が不在だった秋田県八峰町の町営診療所に昨年10月、石岡隆さん(68)が約7年ぶりに着任し4カ月近くがたった。地域医療機能推進機構(JCHO)秋田病院(能代市)前院長の石岡さんは、専門の外科のほか内科も担当。週4日診察に当たり、必要に応じて他の病院への紹介を行っている。コロナ禍の中で地域医療に向き合う日々や、診療所の目指す形などを聞いた。

―これまで比較的大規模な病院で勤務してきた。診療所の印象は。

 「患者さんは日に15人前後で、一人一人をしっかり診療できている。70代以上が中心で、病状が落ち着いている人たちが多い。中でも骨粗しょう症の患者さんが多いと感じた。診療所は以前、往診を行っていたようだが、現時点での復活は人手などを考慮すると難しい。訪問看護ステーションの活用を勧めるなど、必要に応じて他の施設との併用を提案する考えだ」

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 947 文字 / 残り 568 文字)