責任の所在、健康への懸念…洋上風力へ質問や意見 由利本荘

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
市民ら約90人が参加した洋上風力発電事業についての県の出前講座
市民ら約90人が参加した洋上風力発電事業についての県の出前講座

 秋田県由利本荘市沖で計画されている洋上風力発電事業に関する県の出前講座が30日、同市のボートプラザアクアパルで開かれた。市民ら約90人が参加し、担当者に事業に対する質問や意見をぶつけた。

 出前講座は、事業に反対する「由利本荘・にかほ市の風力発電を考える会」(佐々木憲雄代表)と「AKITAあきた風力発電に反対する県民の会」(金森信芳代表)が昨年11月に続いて開催。県資源エネルギー産業課の担当者3人を招き、事前に伝えていた質問への回答に対して参加者が質疑した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 607 文字 / 残り 376 文字)

秋田の最新ニュース