「原因は調査中」、由利本荘の風車火災 運営会社が反対団体に回答

会員向け記事
お気に入りに登録

 風力発電事業に反対する秋田県由利本荘市の2団体は1日、同市で昨年12月に発生した風車火災について、国、県、市と運営会社に送付した公開質問状の回答を公表した。

 2団体は「由利本荘・にかほ市の風力発電を考える会」(佐々木憲雄代表)と「AKITAあきた風力発電に反対する県民の会」(金森信芳代表)。由利本荘市西目町出戸の風力発電施設で12月20日、風車の主軸周辺が焼損した火災について、火災の詳細など11項目を問う質問状を1月6日付で送付した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 510 文字 / 残り 290 文字)

秋田の最新ニュース