ナガマツ3位、バド世界ランク 昨年3月以来の更新

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
永原和可那(左)、松本麻佑組
永原和可那(左)、松本麻佑組

 新型コロナウイルスの影響で昨年3月17日付を最後に凍結されていたバドミントンの世界ランキングが2日付で更新され、シングルスの男子は桃田賢斗(NTT東日本)が1位を維持した。女子ダブルスは福島由紀、広田彩花組(丸杉Bluvic)が1位、永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)は3位。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 222 文字 / 残り 83 文字)

秋田の最新ニュース