聖火リレー「絶対走る」… 能代の難病女性、昨年7月に死去

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
昨年亡くなった佐々木若子さんの遺影。聖火ランナーを務めることを目標に病と闘っていた
昨年亡くなった佐々木若子さんの遺影。聖火ランナーを務めることを目標に病と闘っていた

 新型コロナウイルスの感染拡大で今年に延期された東京五輪・パラリンピック。難病と闘いながら、五輪聖火ランナーを務める日を待ち望んでいた女性が昨年7月に亡くなった。秋田県能代市二ツ井町の佐々木若子さん(享年55)。夫顕信さん(56)の介助を受けて車いすで能代市内を走る予定だった。体の自由が利かなくても「支えてくれた人への感謝を示したい」と挑戦を決意したが、思いは果たせなかった。

 若子さんは子どもの頃から難病の「高安(たかやす)動脈炎」を患っていた。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1416 文字 / 残り 1191 文字)

秋田の最新ニュース