消防分署統合に3億円 北秋田市・新年度予算217億

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県北秋田市は3日、2021年度一般会計当初予算案を発表した。総額は217億1402万円で、20年度当初比14億9930万円(6・5%)の減額となった。4月に市長選を控え、継続事業や義務的経費が中心の骨格編成とした。市は選挙後に補正予算を組んで肉付けする方針。

 消防統合分署建設事業に2億9630万円を盛り込んだ。市消防本部再編計画に基づき、老朽化した森吉、合川両分署の統合に向け、新分署の建設予定地である旧合川東小学校の校舎解体や新築設計などを行う。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 665 文字 / 残り 437 文字)

秋田の最新ニュース