がんとともに働く(2)職場 両立できる環境、少しずつ

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 「仕事を休む間、どうしたらいいだろう?」。乳がんの告知を受けた時、篠崎由紀子さん(61)=秋田市=がまず考えたのは職場のことだった。

 がんと診断されたのは2019年9月。その半年後の20年3月、左乳房を全摘する手術を受けることになった。

 入院から退院までの間、自分の仕事をどうするか。思えば、職場にはがん治療のための休暇制度がない。自分が休んでいる間、仕事をお願いする同僚への金銭的な補償もない。そもそも仕事を続けられるのか…。さまざまな思いが頭に浮かんでは消えた。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 2341 文字 / 残り 2107 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース