仙北市のレタス工場、計画を凍結 コロナで需要減、採算確保困難

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
植物工場の建設計画が凍結された黒沢工業団地
植物工場の建設計画が凍結された黒沢工業団地

 秋田県仙北市田沢湖で植物工場の稼働を目指していた同市のハレタス田沢湖(吉田裕幸社長)が、工場建設やリーフレタス生産の全計画を凍結することが4日、分かった。新型コロナウイルスなどの影響で、生産を予定していたリーフレタスの市場動向が急変。ハレタス社と、技術協力する都内企業が現状では採算が合わないと判断した。今後、事業計画を見直すという。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 928 文字 / 残り 760 文字)

秋田の最新ニュース