掛魚まつり、奉納行列行わず にかほ市、神事で厳かに豊漁祈願

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
タラを奉納して豊漁を祈願した掛魚まつり
タラを奉納して豊漁を祈願した掛魚まつり

 秋田県にかほ市金浦地域で300年以上の歴史があるとされるタラの奉納行事「掛魚(かけよ)まつり」が4日、金浦山神社で開かれた。今年は新型コロナウイルス対策として奉納行列やたら汁の販売は行われず、漁師や地域住民が神事に参加して、厳かに豊漁や家内安全を祈願した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 465 文字 / 残り 336 文字)

秋田の最新ニュース