能代市の陸上風車1基、設置地区見直し 渡り鳥への影響考慮

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
白神ウインド社が風車の設置基数見直しを明らかにした協議会会合=能代市役所
白神ウインド社が風車の設置基数見直しを明らかにした協議会会合=能代市役所

 秋田県能代市と八峰町で陸上風力発電を計画している白神ウインド合同会社(同市、代表社員大森建設)は5日、風車の建設予定地6カ所のうち、比八田・荒巻地区(同市)の設置基数を1基減らし、代わりに落合地区(同)に1基増設すると明らかにした。昨年12月に環境省が公表した環境影響評価準備書に対する大臣意見で、渡り鳥への影響などが懸念されるとの指摘を受け、配置を見直した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 668 文字 / 残り 487 文字)

秋田の最新ニュース