「夢を追い続けてますか」…小4生が10年後の自分へ年賀状

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県男鹿市の払戸小学校で5日、4年生11人が授業で10年後の自分に宛てた年賀状を書いた。それぞれが未来で夢に向かい努力する姿を想像し、メッセージをしたためた。2031年の元旦に、それぞれの自宅へ届く予定。

未来の自分を想像してメッセージを書く子どもたち


 児童は20歳になる自分自身へ向け、はがきに「夢を追い続けていますか」「10歳の私はバスケを頑張っているよ」「ユーチューバーを目指してファイト」などと励ましの言葉を書き込んだ。

 新型コロナウイルスの感染状況がどうなっているかや、恋人がいるかどうかを問い掛ける児童もいた。文章のほかイラストを描き、カラフルに彩って完成させた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 580 文字 / 残り 314 文字)

秋田の最新ニュース