淵山隼平さん5位入賞 ローザンヌ国際バレエ

お気に入りに登録

 若手バレエダンサーの登竜門、スイスの第49回ローザンヌ国際バレエコンクールで入賞者6人と順位を決める最終選考が6日午後(日本時間同日夜)行われ、米国のバレエ専門学校に在籍するさいたま市の淵山隼平さん(18)が5位に入賞した。1位にはポルトガルのアントニオ・カザリニョさん(17)が選ばれた。

 今年は新型コロナウイルスの影響でビデオ審査形式。最終選考には世界11カ国の計20人が進出し、日本からは東京都の小林愛里さん(15)、パリ国立高等音楽・舞踊学校に留学中で北海道富良野市出身の山本小春さん(16)も進んだが、入賞は逃した。