大仙市、企業団地整備に3・6億円 新年度予算案

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県大仙市は8日、2021年度一般会計当初予算案を発表した。総額は420億1800万円で、20年度当初に比べ3億8820万円(0・9%)の減。4月に市長選挙を控え、市は経常的経費や継続事業にかかる経費などを中心に編成したとしている。

 企業誘致を強化しようと進めている大曲西根の企業団地整備には3億6413万円を計上した。第1期分約4ヘクタールで造成工事を行う。22年度の分譲開始を目指す。

 国指定重要無形民俗文化財「刈和野の大綱引き」発信のためJR刈和野駅に設置している刈和野大綱展示場が老朽化しており、改築事業に6281万円を充てた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 879 文字 / 残り 609 文字)

秋田の最新ニュース