コロナ感染対策「すべて改善」 市立秋田総合病院

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田市の市立秋田総合病院(資料写真)
秋田市の市立秋田総合病院(資料写真)

 新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生した秋田市の市立秋田総合病院について、市保健所の伊藤善信所長は9日、職員の健康管理など感染対策が不十分だった5項目に関して、すべて改善されたと判断したことを明らかにした。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 382 文字 / 残り 271 文字)

秋田の最新ニュース