県、コロナ対策で商品券配布へ 非課税、子育て世帯が対象

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県の2月県議会は9日、本会議を開き、小松隆明(自民)、鳥井修(みらい)、工藤嘉範(自民)、沼谷純(つなぐ会)の4氏が一般質問した。県健康福祉部の佐々木薫部長は、新型コロナウイルスの影響で負担が増している家計を支援するため、住民税非課税世帯や子育て世帯に対し、県内で使える商品券を2021年度に配布する方針を明らかにした。沼谷氏への答弁。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 432 文字 / 残り 261 文字)

秋田の最新ニュース