新型水車の実証試験開始、少水量でも発電 仙北市鎧畑発電所

会員向け記事
お気に入りに登録

 小水力発電システムの開発、販売を手掛ける東北小水力発電(秋田市)と早稲田大、秋田県の3者は9日、共同で開発した新型水車の実証機を県営の鎧畑発電所(仙北市田沢湖)に設置し、1月から水力発電の実証試験を開始したと発表した。約1年間行い、必要なデータが得られれば2021年度中にも製品化する。

鎧畑発電所に設置された新型水車の実証機(県提供)

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 973 文字 / 残り 829 文字)

秋田の最新ニュース