五城目町長選16日告示、町の課題は… 定住、起業の動き活力に

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 任期満了(今月24日)に伴う秋田県五城目町長選が16日に告示、21日に投開票される。立候補を予定しているのは出馬表明順に、現職で5選を目指す渡辺彦兵衛氏(73)と、新人で元町議の荒川達雄氏(70)の2人で、前回2017年と同じ顔触れ。人口減少率や高齢化率などの指標は厳しい数値が並ぶが、若い世代による定住や起業などの動きが少しずつ増え、町に新たな活力をもたらしつつある。

五城目町中心部の街並み。近年は空き家を活用する動きも増えつつある(町民センターから撮影)

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1089 文字 / 残り 903 文字)

秋田の最新ニュース