大満足!潟上でイチゴ狩り ICT活用し全自動式【動画】

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県潟上市天王のJR出戸浜駅近くに先月、イチゴ狩りが楽しめる農園「フルーツパークDETO(デト)」がオープンした。会員制交流サイト(SNS)を通じて口コミが広がり、家族連れらが訪れている。同市の新たな観光スポットになりそうだ。

 農園を開設したのは、美郷町でバナナやパイナップルなど南国フルーツの栽培に取り組む「秋田食産」。佐藤良一社長(60)は「不動産会社から売り込みがあり、潟上に土地を確保できた。農業と観光を組み合わせ、人を呼び込みたい」と話す。

栽培している4品種。左からよつぼし、章姫、紅ほっぺ、かおり野


 フルーツパークでは、約800平方メートルの農業用ハウスでイチゴを栽培する。品種は濃厚な味で甘酸っぱい「よつぼし」、酸味が少なくジューシーな「章姫」、甘みと酸味のバランスが取れた「紅ほっぺ」、香りが上品で甘みが強い「かおり野」の4種類。イチゴ狩りでは30分間、全種類を自由に食べ比べできる。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 977 文字 / 残り 605 文字)

予約はこちらから。

秋田の最新ニュース