今年初、角館でクマの目撃情報 山裾歩く姿、足跡も確認

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ツキノワグマ(資料写真)
ツキノワグマ(資料写真)

 10日午後1時40分ごろ、秋田県仙北市角館町雲然荒屋敷の山林にクマがいるのを近所の70代女性が目撃し、仙北署に届け出た。クマの目撃情報が県警に寄せられたのは今年初めて。

 同署によると、女性が自宅周辺の除雪作業中に約90メートル離れた山裾を歩くクマに気付いた。クマはその後、山の中に入っていった。体長は不明。通報を受けて駆け付けた署員が、クマのものとみられる足跡を確認した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 390 文字 / 残り 203 文字)

秋田の最新ニュース