地方点描:幕引き[鷹巣支局]

会員向け記事
お気に入りに登録

 店を畳んだと聞き、寂しい気持ちになった。豚骨スープのラーメンを売りに、大館市と北秋田市で通算44年近く親しまれた「九州ラーメン博多」が先月、のれんを下ろした。手頃な価格でボリュームたっぷりの食事を楽しめる店だっただけに、市内外のファンから惜しむ声が上がった。

 店を切り盛りしてきた五代儀進さん(78)と妻常代さん(73)が体調を崩し、悩んだ末に幕引きを決めた。閉店したことが知れ渡ると、会員制交流サイト(SNS)には「その時が来てしまったんだ」「もう一度行きたかった」「悲しくて声が出ない」などの投稿が相次いだ。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 621 文字 / 残り 364 文字)

秋田の最新ニュース