おいしい出合い:「珍来軒」肉飯 甘いあん、食欲そそる

有料会員向け記事
お気に入りに登録
珍来軒の看板メニュー「肉飯」。あんにからんだ野菜と豚肉がご飯にのっている
珍来軒の看板メニュー「肉飯」。あんにからんだ野菜と豚肉がご飯にのっている

 鹿角市花輪地域中心部の国道282号沿いにある中華料理店「珍来軒」は、1969年の創業。半世紀にわたり、変わらぬ味で市民の胃袋を満たしてきた看板メニューが「肉飯(にくめし)」(800円)だ。

 さいの目切りにしたタマネギ、ピーマン、シイタケ、ニンジン、タケノコ、豚肉を炒め、砂糖としょうゆをベースに作ったあんと合わせてご飯にのせる。シャキシャキした食感のタケノコなどの野菜とやわらかい肉に、甘みのあるあんが絶妙にからみ、ご飯が進む。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 690 文字 / 残り 475 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース