内陸線「秋田縄文号」お披露目! 重厚感ある茶色の外装

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田内陸線の新しい観光車両「秋田縄文号」が11日、北秋田市阿仁銀山の阿仁合駅でお披露目された。重厚感のある濃い茶色の外装と、沿線で出土した土偶などのイラストをあしらった内装が特徴。13日から運行を始める。 

新観光列車・秋田縄文号のお披露目を祝ったテープカット

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 665 文字 / 残り 561 文字)

秋田の最新ニュース