来場者、距離を保ちナマハゲ楽しむ 柴灯まつり開幕【動画】

会員向け記事
お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
マスクを着用し、距離を取りながらナマハゲを撮影する来場者
マスクを着用し、距離を取りながらナマハゲを撮影する来場者

 「なまはげ柴灯(せど)まつり」が12日夜、秋田県男鹿市北浦の真山神社で始まった。今年は、入場者数に上限を設けて事前申込制とし別会場も設けるなど、新型コロナウイルス感染対策を徹底した上で開催。例年のように会場が来場者で埋め尽くされるような光景は見られず、適度な距離を保ちながら迫力あるナマハゲの姿を楽しんでいた。14日まで。

 例年は3日間で約7500人、初日は約2千人が訪れているが、この日来場したのは360人。若者たち10人がナマハゲの面を授かる儀式で幕開けし、ナマハゲ行事の再現やなまはげ踊りなどが繰り広げられた後、ナマハゲと化した若者たちがたいまつを手にゆっくりと山を下りた。来場者と距離を取りながら、かがり火がたかれた境内を雄たけびをあげながら歩き回った。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 760 文字 / 残り 428 文字)

秋田の最新ニュース