遠い風近い風[伊藤伸平]コロナと全豪テニス

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 テニスの4大大会(グランドスラム)の一つ、全豪オープンテニス。例年メルボルンで1月中旬から2週間にわたって行われるが、今年は3週間遅れで2月8日に開幕。オーストラリアは世界的に見ても新型コロナの封じ込めに成功している国。参加選手の入国後の隔離政策を徹底するため、100年を超える歴史の中で初めて2月開催となったのだ(一時期12月開催だったことはある)。

 オーストラリアは現在、海外からの旅行者を受け入れておらず、今回の大会はオーストラリア在住者のみが現地観戦でき、1日の観客数の上限は3万人だ(試合数が少なくなるセカンドウイーク後半は2万5千人)。今年は日本から、優勝候補の大坂なおみ選手や、すでに日本テニス界のレジェンドの錦織圭選手、さらに若手注目株のダニエル太郎選手などが参加しており、観(み)に行きたかったという人も多いはず。行きやすさや時差のなさなどから日本人に人気で、ここ数年500~800人が観戦に訪れていた。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1265 文字 / 残り 853 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース