「ふるさとイベント大賞」優秀賞に全国500歳野球、県内初

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
2019年7月に開かれた全国500歳野球大会
2019年7月に開かれた全国500歳野球大会

 全国の自治体などでつくる地域活性化センター(東京)は12日、地域の活力を生み出すイベントを表彰する本年度の「ふるさとイベント大賞」を発表し、秋田県大仙市で開かれている全国500歳野球大会(同市、秋田魁新報社主催)を優秀賞に選んだ。大賞、最優秀賞に次ぐ賞で、県内イベントの受賞は初めて。

 同大会は、40年以上続く全県500歳野球大会の魅力を全国に発信しようと2017年に始まった。19年は12道県の32チームが出場、昨年は新型コロナウイルス感染拡大を受けて初めて中止となった。開催年度内に50歳以上になる人が出場でき、出場9選手の合計年齢が常に500歳以上でなければならないといった独自ルールがある。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 639 文字 / 残り 339 文字)

秋田の最新ニュース