積極性欠き4連敗、ハピネッツ 中山「プレー以前の問題」

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【名古屋D―秋田】第2クオーター、シュートを放つ秋田の渡部=ドルフィンズアリーナ
【名古屋D―秋田】第2クオーター、シュートを放つ秋田の渡部=ドルフィンズアリーナ

 秋田はチャンピオンシップに出場し日本一を目指しているが、勝率で並ぶ名古屋Dに敗れて痛い4連敗。センターのコールビーが負傷で欠場する中、ガード中山拓哉主将は「もう一度チームが一つになって頑張ろうと話していたが、試合を通じてチームとしてのアグレッシブさが全然見えず、プレー以前の問題だと思った」と唇をかんだ。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 433 文字 / 残り 280 文字)

秋田の最新ニュース