五城目町長選、戦いの構図 現職と新人一騎打ちか

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 任期満了(今月24日)に伴う秋田県五城目町長選は16日に告示、21日に投開票される。現職で5選を目指す渡辺彦兵衛氏(73)=下タ町=と、新人で元町議の荒川達雄氏(70)=七倉=が出馬を表明している。2017年の前回と同じ顔触れで、両者による一騎打ちとなる見通し。

 前回は渡辺氏が3736票を獲得、荒川氏に1350票差をつけて4選を果たした。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 750 文字 / 残り 579 文字)

秋田の最新ニュース