鉱山で栄えた一時代に思いはせて、藤里で太良鉱山の企画展

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
太良鉱山で産出された鉱石などが展示されている企画展
太良鉱山で産出された鉱石などが展示されている企画展

 鉛などの産出で栄えた秋田県藤里町の太良(だいら)鉱山の歩みをたどる企画展「白神の鉱山(やま)『太良』展」が、同町の白神山地世界遺産センター藤里館で開かれる。町教育委員会の主催。来月29日まで。

 太良鉱山は藤琴川の上流に位置し、鎌倉時代の開山とされる。江戸時代には、阿仁鉱山(現北秋田市)で採掘した銅を製錬するため、太良鉱山で産出した鉛が使われた。日露戦争後は市価の上昇に伴い亜鉛も採掘。1958(昭和33)年の大水害で閉山した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 441 文字 / 残り 226 文字)

秋田の最新ニュース