強い冬型、県内16日は暴風雪に 18日まで大雪に注意必要

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県内は16日、急速に発達する低気圧と強い冬型の気圧配置の影響で暴風雪となる見込み。17、18日は大雪の可能性がある。国土交通省東北地方整備局や仙台管区気象台は、吹雪で視界が遮られるホワイトアウトや車の立ち往生が発生する恐れがあるとして、警戒を呼び掛けている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 412 文字 / 残り 280 文字)

秋田の最新ニュース