非課税、子育て世帯に1万円商品券 県が総額150億円のコロナ対策発表

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県は15日、国の2020年度第3次補正予算を踏まえ、総額約150億円の新型コロナウイルス感染症対策を発表した。生活困窮世帯や子育て世帯の経済的負担を軽減するため、1人当たり1万円の商品券を配布。クラスター(感染者集団)対策では福祉施設へ抗原検査キットを配る。プレミアム宿泊券の追加発行、商店街・飲食店街支援といった経済対策も盛り込んだ。コロナ対策の裏付けとなる2020年度と21年度の一般会計補正予算案を2月県議会へ提出した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1096 文字 / 残り 880 文字)

秋田の最新ニュース