大森病院、一部外来再開 新型コロナクラスター発生で休止

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
一部外来診療を再開した大森病院。来院者全員に検温などを行っている=横手市大森町
一部外来診療を再開した大森病院。来院者全員に検温などを行っている=横手市大森町

 新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生し一般外来や救急外来などを休止していた秋田県横手市の市立大森病院は15日、一部の外来診療などを再開した。22日には救急外来や手術も含め通常体制に戻す。

 15日は常勤医師のいる内科と整形外科、外科で予約患者を中心に診療を再開。人間ドックと新規入院の受け入れも始めた。薬の受け取りのみも含め、通常より2割ほど少ない約210人が訪れた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 454 文字 / 残り 263 文字)

秋田の最新ニュース