「サキホコレ当選」偽アカから送信、詐欺? 募集前倒し終了

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
サキホコレのサンプル米(資料写真)
サキホコレのサンプル米(資料写真)

 秋田県は15日、ツイッターを活用して県新品種米「サキホコレ」をPRするキャンペーンを巡り、当選したと思わせるメッセージが偽アカウントから応募者へ送られたと発表した。詐欺被害を防ぐため、キャンペーン終了日を当初予定の今月28日から、16日に前倒しした。

 キャンペーンは、県のツイッター公式アカウント(@AName821)を通じて応募した人を対象に、抽選で千人にサキホコレ2合をプレゼントする内容。

 キャンペーン開始日の12日、県は応募者からの情報提供で偽アカウントの存在を把握。「@AName_821」と「@AName821_」の2種類があり、応募者8人に当選したと思わせるメッセージが送られていた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 573 文字 / 残り 273 文字)

秋田の最新ニュース