強風、各地で建物被害相次ぐ 風にあおられ転倒も

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
屋根が剥がれた船川北公民館の体育館=午前9時ごろ、男鹿市船川港比詰
屋根が剥がれた船川北公民館の体育館=午前9時ごろ、男鹿市船川港比詰

 秋田県総合防災課がまとめた16日午前10時現在の暴風雪被害状況によると、民家や空き家などの建物被害が相次いでいる。

 被害が確認されたのは潟上市5棟、秋田市4棟、男鹿市2棟、湯沢市、由利本荘市、大仙市、北秋田市、にかほ市、五城目町、大潟村、美郷町が各1棟。屋根や外壁が剥がれるなどした。

 また、秋田市の80代男性が風にあおられ転倒し、市内の病院に搬送された。

 県内で避難所の開設はしていない。

 秋田地方気象台は17日にかけて、暴風雪による建物への被害や交通障害などへの警戒を呼び掛けている。

秋田の最新ニュース