コロナ対策に重点、仙北市 新年度予算案、 経済振興を推進

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県仙北市は15日、2021年度一般会計当初予算案を発表した。総額は204億5千万円で、過去最多だった20年度当初に比べ10億1千万円(4・7%)の減。新角館庁舎の建設など大規模事業が減ったことが主な要因で、4年ぶりに前年度を下回った。新型コロナウイルス対策として経済活動や観光振興を推進する取り組みも盛り込んだ。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 928 文字 / 残り 769 文字)

秋田の最新ニュース