未知の細胞追った40年を一冊に 秋田大名誉教授・妹尾さん

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田大名誉教授の妹尾春樹さん(70)=秋田市広面=が、研究成果をまとめた著書「肝星(かんほし)細胞の研究 未知の細胞を追った40年」(無明舎出版)を出版した。細胞生物学が専門の妹尾さんは、同大医学部などで肝臓の細胞の研究に取り組んできた。「秋田の落ち着いた環境だったからこそ、世界に誇れる研究を続けられた」と振り返る。

出版した著書を手にする妹尾さん

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 754 文字 / 残り 594 文字)

秋田の最新ニュース