【秋田犬新聞】人気の兄弟に「妹」が誕生【動画】

お気に入りに登録

 かつて写真集のモデルとなり、秋田県内の観光イベントで愛らしさを振りまいていた秋田犬の兄弟・ゴン太(雄、5歳)と寅次郎(雄、4歳)。2匹が暮らす湯沢市は今、記録的な大雪に見舞われている。新型コロナウイルスの影響で人と触れ合う機会も減り、寂しい思いをしていないだろうか。同市山田地区を訪ねた。

佐藤さん一家と3匹の秋田犬(右からゴン太、寅次郎、紅)


 湯沢横手道路を湯沢インターチェンジで降り、車を10分ほど走らせると山田地区が見えてくる。取材した日は雲一つない快晴。田んぼを覆う雪に太陽が反射してまぶしい。

 飼い主の佐藤重之さん(52)宅に着くと、ゴン太と寅次郎に加え、もう1匹の秋田犬が元気よく出迎えてくれた。昨年1月に生まれた雌で、名前は紅(こと)。2匹の妹として育てている。

 イベントに参加する機会がなくなった今、3匹は毎日のんびり過ごしているという。30分~1時間程度散歩するのが日課。この日は散歩に同行させてもらった。

 記事全文は「秋田犬新聞」サイトで!
https://akitainu-news.com/archives/1903

秋田の最新ニュース