義務教育学校、学年の区切り柔軟に 藤里町教委が実施計画案

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県藤里町教育委員会は18日、2023年度の開校を予定している義務教育学校の実施計画案を示した。学級担任から教科担任による指導へとスムーズに移すため、学習指導は9年間を3期に分けた「4・3・2制」、学習指導以外の学校生活一般は前期6年、後期3年の「6・3制」をそれぞれ基本とするなど、学年の区切りを柔軟にした小中一貫教育を目指す。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 574 文字 / 残り 407 文字)

秋田の最新ニュース