園芸作物拡大を支援 横手市、新年度予算案

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県横手市は18日、2021年度一般会計当初予算案を発表した。総額は511億1600万円で、20年度当初比31億9700万円(5・9%)の減。4校が統合し4月に開校する十文字小学校の校舎が完成するなど、大型工事が終了したことが主な要因。園芸作物の規模拡大支援など、農業振興に向け新規事業を盛り込んだ。

 新規の園芸作物規模拡大強化事業は2500万円を計上。高齢化による担い手不足の中、作付面積を増やす取り組みの支援で機械や施設の導入経費を一部助成する。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 871 文字 / 残り 644 文字)

秋田の最新ニュース