暴風の負傷者、県内計7人に 建物被害は128棟増

会員向け記事
お気に入りに登録

 15日からの暴風による秋田県内の負傷者は、県の18日午後3時までの集計で計7人となった。新たに判明したのは1人。16日に発生したもので、横手市の50代男性が風にあおられたコンテナのドアが顔面に当たって転倒し、頭に軽傷を負った。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 299 文字 / 残り 185 文字)

秋田の最新ニュース