兵庫出身、「救助隊員」の夢追い移住 北秋田市・齊藤さん

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
消防職員意見発表県大会で最優秀賞に選ばれた齊藤さん(右)
消防職員意見発表県大会で最優秀賞に選ばれた齊藤さん(右)

 第44回消防職員意見発表秋田県大会(12日、秋田市)で最優秀賞に選ばれた北秋田市消防本部消防副士長の齊藤卓弥さん(33)は、前職が兵庫県警の警察官。救助隊員となる夢をかなえたいと一念発起し、29歳で転身した。「北秋田市に恩返ししたい」と、4月に開かれる東北大会での健闘を誓う。

 齊藤さんは2017年、市消防本部に採用された。警防係や予防係を経て、現在は通信指令係として119番に対応している。業務の中で感じた課題や改善策を意見にまとめて発表し、19年度に続いて県大会に進んだ。

 今回の発表では、訪日外国人が的確に通報できるよう広報紙を作成し、119番の方法や翻訳アプリの情報を伝えることを提案した。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 859 文字 / 残り 559 文字)

秋田の最新ニュース