コロナワクチン「全然痛くない」 能代市で接種始まる

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ワクチン接種を受ける大塚病院長(代表撮影)
ワクチン接種を受ける大塚病院長(代表撮影)

 秋田県能代市の地域医療機能推進機構(JCHO、ジェイコー)秋田病院で19日、医療従事者を対象とした新型コロナウイルス感染症のワクチン先行接種が始まった。県内での接種は初めて。初日は医師や看護師ら12人が接種を受けた。来月24日までに395人が計2回の接種を受ける。

 病院によると、この日は午後0時半ごろから接種が始まった。腕への筋肉注射で時間は5~6秒。15分ほどで12人全員が受け終わった。夕方までに副反応を訴えた人はいないという。

 1番目に接種を受けた大塚博徳病院長は「薬液を入れられる感触がなく、インフルエンザワクチンよりも打った感覚がない。(他の職員からも)全然痛くないという声ばかりだった」と話した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 640 文字 / 残り 334 文字)

秋田の最新ニュース